スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産エピソードPart1

出産レポートには書かなかったけれど、病院で関わったスタッフで印象的な人が何人かいたので、今回はそのうちの1人について書こうと思う。

入院手続きが終ってすぐにアセスメント・ルーム(子宮口のチェックや陣痛をマシーンでモニターするところ)で私を待っていたのは、なんと男性ナースだった!
第一印象は「でかい男」だった。
アクセントからしてロシア人だとすぐにわかった。
部屋に入るとすぐに病院のガウンに着替えさせられた。
そしてすぐに子宮口チェック。
チェック中ロシア人ナースは私に対して 「Good girl!!」を連発。
陣痛の痛みに悶えながらも、これはかなりおかしかった。(笑)
いったいこの人は私をいくつだと思っているんだろう?

確かに実年齢よりも若く見られるけれど、それは嬉しいことでもあるけれど、「Good girl」はなんだかこっぱずかしい。

その後、ナースは私の出身地を聞いてきたり、日本の歌手(タトゥーという若い女性2人組み)がロシアで超人気があると熱弁していた。
でも、そのとき思ったのは 「私が痛がってるとにき、そんな下らん世間話はせんでくれ~」だった。
まあ、彼的にはちょっとでも私たちをリラックスさせようと頑張ってたのかもしれないけどね。

あと、できる限り自然分娩を希望していた私に、彼が笑気ガスやエピドゥーラルなど痛み止めや麻酔をすごい勢いで勧めきたことはありがた迷惑だった。
一通りのチェックが済むと、まるでセールス・トークのように立て板に水のごとく痛み止めの名前を列挙して説明があった。
もちろん、右の耳から左の耳へと流したのは言うまでもない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

なんだか過ぎてみるとほのぼのエピソードですね(笑)
そのタトゥーってロシア人の二人組みで、コンサートをキャンセルして大顰蹙だったとか、なんとか…あちらでは日本のグループ扱いなんですかね~ナゾだわ。

それにしても「Good Girl」…さすがちょっぺさん、いくつだと思われたんでしょうね!v-8

ナースは男

こちらの人って痛みに超弱いから、ナース君は親切で勧めてくれたんだろうね。
でも、陣痛のさなかにそんなこと滔滔と言われてもうるさいだけだったでしょうねえ。

ちなみにgirlってシニアに対しても使うこともあるんですよね、こちらでは。

シニアセンターで話していた時に、”These girls like aerobics”って言ったのを聞いてギョっとしました。なので妊婦さんにもgirlでOKなんですよ。

男性ナースっているんだ。

それは想像してなかったことだわ。しかも、エピをセールストークしてきたのも彼だったのね。私はドクターも女性だし、後は伯子さんと母親がついてくれるので、男性はうちの主人だけだと思っていたけど、ナースが男性ということがあり得るのか・・・。男性ナースに子宮口チェックされるのってちょっと抵抗がありますよね。痛みでそれどころじゃない?

わ~、男性のナースだったんですね。私のときは先生を含めみな女性でした。
私も明らかに自分より年下であろうナースに、『Sweety』 と呼び続けられたときは、少しこっぱずかしかったです。(^^;

男性スタッフ

Mizさん♪
私はタトゥーというグループのこと知らなかったんです。陣痛のなか、ナースの話すことはところどころしか聞こえてこなかったし、さらに夫がタトゥーは若い日本人の2人組みでレズビアンって噂があったと教えてくれました。まるで伝言ゲームの結末のように、話が変わってしまってたんです。教えてもらってありがとう!v-22

まきりんさん♪
本当に親切に勧めてくれるならいいんですが…
デューラーさんによれば、麻酔を使えば彼らの仕事が速く終るという、医療側の都合の良さを優先しての結果のようです。もちろん患者側の安全を考えての場合もあると思いますが。でも、本来なら99%の女性が麻酔なしでお産可能だそうです。
おばあちゃんにGoog girlってすごすぎぃ!v-12

うれしがまっぴいさん♪
私もまさか男性ナースがいるとは思いませんでした。でも、嫌だとも言えないし、そんな余裕もなかったです。実は彼のほかにも男性スタッフが登場しました。病院の当直のドクター。なんとも頼りなさそうな人で… この人についても後ほど日記に書きますね。v-71

eriさん♪
こちらの人ってSweetyとかHoneyとかって他人にも平気で使うから、こっちは顔が赤くなっちゃいますよね。v-15
プロフィール

ちょっぺさん

Author:ちょっぺさん
頑張って、頑張って、麻酔なしで自然分娩で出産。
(5月12日 2007年)
高齢・初出産を終え、育児に奮闘する管理人。

これからなにが待ち受けているのやら。
カナダ在住の主婦(名ばかり)が妊娠、出産、育児そして日々の出来事を気ままに書いていきます。

フリーエリア
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。