スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Halloween

今年は姫もハロウィーンのコンセプトがわかっていて、家族みんなでとっても楽しんだ。
私は、姫の衣装を9月中に買うという力の入れよう。


今年は、姫のリクエストで「お姫様」ドレスを購入。
が!結局、ギリギリになって、「ティンカーベルがいい!」と去年の衣装を着ることに。
お姫様ドレスは1回も着ることなく終了。(まあ、いっか来年使おうと目論む私)





姫は、おばけは恐いんだけど、興味津々。
ハロウィーン・グッズ売り場へ行くのが楽しみだった姫。
買い物に行く度に「おばけいる?ハロウィーンのもの見にいこう!」と張り切っていた姫。
そしていつも釘付けになっていたのは、刀、血糊のついたナイフなど武器系。
苦手なのは、電動のオバケ。





9月にかぼちゃファームへ行ったのを皮切りに、日本語学校とプリスクールのハロウィーンパーティー、そしてお友達と集まったパーティーと、ハロウィーン・イベントの目白押し。結局パーティーは5回も!

あと、姫がはまったのは、ハロウィーン・デコレーション(チャリティーも兼ねて)をした1軒家を見学に行ったこと。そこでは、オバケ屋敷があったり、ドライブ・ウェイがダンス・フロアになっていたり。
そこで姫は踊りまくってご満悦。最後は帰りたくない!と号泣した。で、結局2夜連続で見学へ。





締めは、ハロウィーン当日のTrick or treat。
これは生まれてはじめての経験だった。
(去年は行かせるつもりが、着たと思った衣装を速攻で脱ぎ捨て、やる気ゼロだったので実現せず)
今年はお父さんと一緒に行くと大張り切り。
1時間ほど回って、バケツをいっぱいに&笑顔で帰宅。
(その間私は、家に来る子どもたちにキャンディー配り。これがなかなか楽しかった)
夫によると、キャンディーをもらうのに、ちゃんと「Trick or treat」そして「Thank you」と言って
いたそう。夫も姫の成長した様子を見て、とても満足気だった。







最後に姫がもらってきたお菓子を点検するのは、私の仕事。
「これは辛いからお母さんがもらうね」「これは溶けると悪いから片付けておくよ」
などと説明すると素直に従う姫。
そして見てないときに、気づかれない程度にキャンディーやチョコをを抜き取る私。
抜き取ったものは、私の胃袋へ。
これも子どものため!と、いい聞かせ罪悪感なしに食べることにしている。(苦笑)



こうして家族全員が楽しめて良かった。
そして子ども以上に子どものイベントと楽しんだ私だった。
また来年が楽しみ~。



<追記>

ハロウィーン当日の朝、泣きながら起きた姫。
ハロウィーンにぴったりの夢をみた様子。


姫 「恐いよ~~~~~」


私 「どうしたの?なにが恐いの?」


姫 「かぼちゃが恐いよ~~~~~」


私 「どんなかぼちゃ?」


姫 「みどり色のかぼちゃが、恐いよ~~~~~」


私 「恐い顔してるの?」


姫 「うん。みどり色のかぼちゃの顔がこわ~いよ~~~~」






     ******  ハロウィーン・イベント・アルバム  ********

パンプキン・パッチで
DSCF8293.jpg

かたな好き
DSCF8343.jpg


学校のパーティーで
DSCF8453.jpg


屋内プレイ・エリアでパーティー
DSCF8478.jpg


お父さんとダンス、ダンス、ダンス!
DSCF8523.jpg


ご満悦
DSCF8589.jpg


ガイコツの絵
DSCF8592.jpg



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ハロウィン・ウィーク、楽しかったですね。
パーティでは何度か一緒で、うちの息子も楽しかったみたいです。
今年は緑のドレスが流行りなのかな?
ティンカベルではないけれど、緑のドレスを着ている子を多く見かけました。

あのハロウィンハウス、二度も行ったんですか?
私達も始まってすぐに行きました。うちの息子はけっこう怖がってましたね。あそこの家が怖いのか・・・笑

骸骨の絵、じょうずですねー。
特徴をよくつかんでます。そして表情がなんか大人っぽい!

また来年も楽しいハロウィンにしたいですね。

だがね~さん

本当に楽しいハロウィーンでした。
トマト君とも、一緒に過ごせて楽しかったと言ってます。

トマト君の衣装、2着ともとっても似合ってましたね。
侍バージョンをライブで見れなかったのが、残念でした。

例のハロウィーン・ハウス、2夜連続で行ったにもかかわらず、いまだに行きたいと言ってます。よほど好きみたいです。なにが気に入ったのか…?

また来年も一緒に楽しみましょう!
プロフィール

ちょっぺさん

Author:ちょっぺさん
頑張って、頑張って、麻酔なしで自然分娩で出産。
(5月12日 2007年)
高齢・初出産を終え、育児に奮闘する管理人。

これからなにが待ち受けているのやら。
カナダ在住の主婦(名ばかり)が妊娠、出産、育児そして日々の出来事を気ままに書いていきます。

フリーエリア
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。