スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イライラ

子供と一日一緒にいると、誰しもイライラすることがあるはず。
私ももちろんその例の漏れず。
疲れているときに、子供の些細ないたずら、言うことをなかなか聞いてくれない、おしゃべりのリピート(姫はかなりしつこく同じことを繰り返すことがある)についイラッ!っとすることがある。


思わず怒りのスイッチが入って、怒らなくてもいいところで声のトーンを上げてしまう。
自分の感情のコントロールを失い、怒る→自己嫌悪。



ある日、このパターンになって怒ってしまった。(え?毎日でしょ? はい…)
そして自己嫌悪。
で、姫に謝った。





私 「さっきはごめんね。お母さん疲れてイライラしてたから、つい怒っちゃったけど、ほんとは姫は悪くないんだよ」

姫 「…。うん。」







そして翌日から、ほぼ毎日、日に数回姫が私に聞いてくる。





姫 「お母さん、イライラしてない?」

私 「…。う、うん。イライラしてないよ」




この質問、けっこう鋭いときがあって、ほんとにイライラしかかってるときにされると、ドキッとする。
子供ってやっぱり敏感。
毎日、子供に機嫌を伺われるのって、なんだか自分のほうが子供みたい。(苦笑)



でも、親も完璧じゃないし、間違ったら謝る、失敗したらやり直しが利くってことを教えるいいチャンス。
と、自分に都合よく考え、ちょっとでもストレス・フリーな育児を心がけ、「イライラ」しないようにしよう。






<追記>

今日は、私がイライラしていたら、



 姫 「いい子になる~」 (涙目で)



と必死に訴えてきた。
姫を感情的に怒らないよう距離を置いていたら(自分にタイム・アウト)、見放されたと思ったらしく出た言葉。
切なくなってしまった。



そしてイライラの矛先は夫へ向けられたのだった。
夫よ、かたじけない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

同感です。

育児をしている限り、誰でもなりますよね。
ならない人は悟りを開いた人か、子供に無関心な人、のどちらかと(笑)
母親だって感情のある人間ですもの。
怒っても泣いても、すべては経験。その後どう感情を対処するか、自分はどうありたいのか。
って母子共に、学んでいるということでしょうか。

ちなみに私もイライラすると夫にあったちゃいまーす(^^; (夫が一番不憫?)
 





ショコラちゃん

共感してもらって、嬉しいわ~。
人間誰しも感情があるわけだから、それを抑えるばかりでなく、うまく表現、処理、対応していけるよう工夫しなければと思います。

夫たちが一番大変なポジションなのかな?

私も毎日イライラしますよーーーー。
今はほとんど母子家庭状態?なので(笑)

そういうときはいったん息子から離れます。
うちはそれを察するのか、一人で遊んでます。

私が旦那に怒っていると
『トマト、マミィとダディのこと好きだよ』
と一生懸命作ったようなぎこちない笑顔を見せて
仲介に入ってくれて、申し訳ない気持ちに・・・。

子供に気を遣わせてしまうなんて反省しました。。。

感情のコントロールは難しいけれど、
子供の心を傷つけないようにだけは気をつけたいです。

あ~、私も親として成長していかねば。。。

だがね~さん

母子家庭状態が長く続いているとのこと。
かなりストレス度が高くなっているとお察しします。

核家族でいると、どうしてもストレスのはけ口が少なくて大変ですよね。
子供って、なにか困ったことがあると「自分のせいじゃないか?」と思う傾向があると読んだことがあります。
難しいですが、子供に気を使わせないように工夫するのが私たちの仕事のようですね。

プロフィール

ちょっぺさん

Author:ちょっぺさん
頑張って、頑張って、麻酔なしで自然分娩で出産。
(5月12日 2007年)
高齢・初出産を終え、育児に奮闘する管理人。

これからなにが待ち受けているのやら。
カナダ在住の主婦(名ばかり)が妊娠、出産、育児そして日々の出来事を気ままに書いていきます。

フリーエリア
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。