スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お母さんは…

最後にこのブログを書いてから、もう2ヶ月も経っていたとは…。
そのうちまとめて~などと思っていたら、書きたいことが溜まりすぎて(写真やビデオも)まとめきれなくなってしまった。(と・ほ・ほ)
しょうがないので、ここで書ききれないことはパソコンで記録している育児記録に残すことにしよっと。
これからは、短くてもいいから(写真がなくてもいいから)マメに書くよう。(うん、たぶん



DSCF3458.jpg
お友達の赤ちゃんの洗礼式後のパーティーで(母のネックレスを胸に)
月曜日は午後から快晴になり、ぽかぽかと気持ちいいお天気になったので、
姫を誘って公園へお散歩に行ってみた。
去年と比べると、歩く距離も早さも増した姫。
けれど、まだまだ甘えん坊なところがあって、時々「だっこして~」となる。
月曜日も例にもれず…


姫:「ねえ、お母さん。抱っこしてぇ~」

母:「お母さんは腰が痛いから。もう重いから抱っこできないよ」

姫:「……」



私は冗談で言ったつもりが、その後姫は黙って歩き続け、最後まで「抱っこ」のリクエストは出さなかった。













そして火曜日。
Strong Startで一緒だったお友達(日本人のママ)と姫の会話。




姫:「お母さんは腰が痛いからねぇ、抱っこできない」


友達:「そうだね。お父さんのほうが力持ちだから、お父さんに抱っこしてもらうといいね」









午後から夫も含め3人で公園に繰り出すと…
遊具でひとしきり遊んだ後、お散歩しようとブランコを降りたとたんに、



姫:「お父さん、抱っこ。お母さんは腰が痛いから、抱っこはお父さん」

夫:「ちょっと歩いたら?」

姫:「だっこぉぉぉ~~~~~」としがみつく。



今までもそうだったけれど、夫に甘えるのがうまい姫。
「お母さんは腰が痛いから」の一言で、またお父さんに抱っこしてもらえるチャンスが増えるはず。
いつかは離れていく娘だから、今のうちに父親とのスキンシップを存分に楽しんでもらいたいものだ。






***********************************


夜になって、私がストレッチをしていると…
急に部屋からいなくなり、戻ってきたかと思ったら、




「お母さんは腰が痛いから」と言って、
手には私がストレッチするときにたまに使う枕を持っていた。
わざわざ私のために持ってきてくれたらしい。(じぃ~ん)


それから夜一緒にベッドに入って、本を読み、おしゃべりをしてオヤスミを言った後、
「お母さんは腰が痛いから」と小声で言いながら、私の頭を撫でてくれた。(これまた、じぃ~ん)
思わずぎゅっと姫をHugした私。



いつの間にやら、姫に思いやりの心が育っていたことに気づいて、感動。
3歳前でも、ちゃーんと人の気持ちを考えることができるなんて、すごい!!
心の底から嬉しい出来事だった。
このまま優しい心を持ち続けていって欲しいな~。




DSCF3493.jpg
クークーをお風呂へ(姫もこの洗面器で入浴していたっけ!!)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

読んでいて私もあったかい気持ちになりました。ありがとう~。

こんなに優しい子に育ったのは、2人の育て方がよかったんですよ~

そして最後の洗面器の写真!(こんなに小さかったのね!!)時の経つのは本当に早いねー。しみじみ。

No title

姫、やさし~い!
こんなふうに労わられたら、じーんとしちゃいます。
きっと大好きなお母さんが"痛み"を感じることが
姫は嫌だったんでしょうね。

うちの息子、だんだん自分中心の要求とかも増えてきて(それも理不尽な!(笑)
『もうっ!!!』
と怒りたくなってしまう私ですが、
それと同時に相手の気持ちを考える心も育っていっているのも感じます。

観察していると子どもの言動って本当におもしろくて、考えさせられて・・・飽きませんね~。

三つ子の魂百まで・・・といいますから、姫はきっと心の優しい、相手の痛みの分かる女性になると信じてます☆

No title

りのりんさん

子供に労わってもらうって、かなりの癒しになりますね。
心身共に。
この優しい気持ちを持ち続けて、他人にも同じようにしてあげられる子に成長して欲しいです。(お手本にならねば)


だがね~さん

息子さんもほんとに優しいですよね。お母さんに似て、人のお世話をさりげなくやるところは、いつも感心しています。

姫は、まだ集中力が持続しないのと一緒で、この優しさも一瞬のものだったようです。次の日には「お母さん、治ったよ」と言って抱っこのリクエストをしてました。(苦笑) まだまだ甘えたい時期なんですね。



プロフィール

ちょっぺさん

Author:ちょっぺさん
頑張って、頑張って、麻酔なしで自然分娩で出産。
(5月12日 2007年)
高齢・初出産を終え、育児に奮闘する管理人。

これからなにが待ち受けているのやら。
カナダ在住の主婦(名ばかり)が妊娠、出産、育児そして日々の出来事を気ままに書いていきます。

フリーエリア
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。