スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復帰しました!

4月の最終週末から仕事に復帰しました。
産休に入ってから、あっという間に1年が経ちました。
去年の今頃は予定日を過ぎて、今か今かと陣痛が来るのを待っていたんでした。(遠い目)

数ヶ月前までは復帰がイメージできず、「本当に戻れるのかしら?」とちょっと不安でした。
1年も仕事から離れるのは初めてだったので、手が動かなくなって忘れてしまうんじゃないかと思ったほどでした。(ちなみに美容師やってます。)

そしてなによりも、娘と離れ離れになることが考えられなかったんです。
戻りたくない!と思ったことすらありました。(笑)

どきどきしながらの初日。
前にやらせてもらっていた、常連のお客様たちが来店して下さいました。
私の復帰を待ちわびていたと大喜び。
久々に会ったことと、子どものことで話に花が咲き、とっても楽しいスタートとなりました。

心配をよそに、手も身体も自動的に動きました。(笑)
「そう簡単に忘れるものじゃないんだぁ~」と一安心。
(英語が咄嗟に出てこない瞬間はあったけど ←予想通り)

職場のスタッフにも快く受け入れてもらって、以前と変わらず働けるので、居心地がいいです。
お客様&職場に恵まれて、本当にありがたいと思います。
家族以外にも私を必要としてくれる人たちがいることは、ほんとに嬉しいことです。

この「必要とされてる」ことが私にとってはかなり重要。
独身の頃は、仕事のみに自分の存在意義を見出していました。
つまり、自分から仕事を取ったらなにも残らないと思い込んでいました。
今は、自分の家族ができて存在意義を見出す理由が増え、気持ちに大きな余裕を感じています。

その余裕のせいか、職場の仲良しさんに「ちょっぺさん、かなり丸く柔らかい雰囲気になったね~」と言ってもらいました。独身の頃の私はかなり「怖い人」だったそう。肩に力が入ってて、とげとげしかったらしいです。はっはは。今なら自覚できるけど、当時は自分ではわからなかったなぁ。まあ、良いほうに変わって良かったぁ~。



さて、肝心の姫の反応は...。

1日目 : 朝は機嫌よく見送ってくれました。夕方は寝起きで号泣しながらお出迎え。
2日目 : 朝は問題なし。 夕方は、無反応。私に興味なし?的なお出迎え。
3日目 : 朝は機嫌よくお見送り。 夕方は笑顔で迎えてくれました。
4日目 : 朝はまだ寝てた。 夕方は嬉しそうに笑顔で迎えてくれました。(私大興奮!)


そして夫はといえば...。

仕事中は夫が娘の面倒をみてくれています。
普段からよく面倒はみてくれいるので、安心して仕事に出ました。
予想通り、娘はいつもどおり元気に過ごしています。
問題なしです!

が...
夫に問題ありでした。
かなり疲れたようで、初日はぐったりしていました。
夫によると、同じ面倒をみるのでも私が家の中にいるのといないのとでは、気持ちが違うんだそうです。
でもすぐに慣れて、今は大丈夫みたいです。


私が仕事に出れるのも、こうして夫のヘルプがあるから。
家事と育児以外の世界を持って欲しいという彼の気遣いのお陰。
娘がいい子にして待っていてくれるから。

独身のときは、自分のために「働いていた」けれど、今は家族の協力のもと「働かせてもらっている」。
この「させてもらっている」ことに感謝し、仕事を楽しんでやっていきたいと思います。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

凄い!

つ、ついに復帰なさったんですね~。
すばらしい~★
(私にもそんな日が来るのかしら…?)
えらいな~。
ほんとにえらい!!!

できれば一生働きたくないけど、無理だろうな~。
私もちょっぺさんみたいに頑張らなくっちゃ!
(とは 思ってるものの… 失笑)

職場復帰おめでとうございます!

ちょっぺさん、お仕事復帰おめでとうございます!
手に職、素晴らしいですね(そしてちゃんと手はおぼえているものなのですね)

常連のお客様達も喜んでいらしたみたいで
そういうのって本当に励みになりますね。

ちょっぺさんは独身の頃、怖かったのか~ってところでちょっぴり、くすり(笑)
大切な家族に囲まれて、自然に雰囲気が変わっていったのでしょうね。
私も仕事をしていたときは怖かったです(自分はそのときに自分で自覚してましたが。。わざとですよ(笑)

旦那様もちょっぺさんが家にいない中で面倒をみるというのは緊張もあったかと思います。
でも旦那様の理解と協力のもと、これから更に家の中でも外でも楽しくなっていきそうですね。
頑張って下さいね♪

職場復帰おめでとうございます。

とうとう復帰されたんですね~。
おめでとうございます。

姫ちゃんの反応も大丈夫みたいで、一安心されたことと思います。
カナダに住んでいると、子供を持っていても仕事をしているのが当たり前という感覚で、乳幼児を抱いていても、仕事は何?と聞かれたことが多々ありました。

私もいずれは仕事をと思っているので、ちょっぺさんや他の人たちが次々に職場へ復帰されている話を伺うのは、とても参考になります。これからもいろいろなご報告楽しみに待っています。

体には気をつけて、ママ業と美容師業の両立、がんばってくださ~い。

ありがとうございます。

かぽちゃん
そんなに褒められると困っちゃうわ。
たった2日しか働いてないのに...。
フルタイムで働いているママさんにはかないません。

かぽちゃんも復帰を考えてるの?
実は私、夫に「できれば働かないで娘と一緒に家に居たい!」って言ったことあるの。
けど、私の性格を良く知っている夫は「それでもいいけど、ずっと家にいられるかな~?」とうまいこと受け流してました。結果は「まったくその通り!」(苦笑)


だがね~さん
激励のメッセージありがとうございます。
姫と離れているのは淋しいですが、
家の中と外でバランスを取りながら、楽しんでやっていこうと思います。

バランシーンさん
激励のメッセージをありがとうございます。
主婦業と仕事がそれぞれにいい意味で影響し合っているようです。私が外の空気に触れる必要ある人間だと知っている夫は喜んでいくれています。
バランシーンさんも仕事を始めるときまで、Nちゃんとの蜜月をたっぷり楽しんでくださいね~。
プロフィール

ちょっぺさん

Author:ちょっぺさん
頑張って、頑張って、麻酔なしで自然分娩で出産。
(5月12日 2007年)
高齢・初出産を終え、育児に奮闘する管理人。

これからなにが待ち受けているのやら。
カナダ在住の主婦(名ばかり)が妊娠、出産、育児そして日々の出来事を気ままに書いていきます。

フリーエリア
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。