スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あり得ない光景

日本へ帰国中のこと。
田舎へ帰省中、西松屋へ子ども用品を求めて買い物に行きました。
買い物を楽しんだ後、駐車場に停めてあった車の中で授乳しながら人間ウォッチングしていました。
西松屋の駐車場だけに、ほとんどの買い物客は小さな子どもか赤ちゃん連ればかり。「あの赤ちゃんは何ヶ月くらいかな?」「あの子は何歳くらいかな?」などと考えながら外を見ていたとき、信じられない光景を目にしました。

それは…
まだ歩けないだろうと思われる赤ちゃん(たぶん5~6ヶ月)をおんぶしたお母さんが、そのまま車に乗り込み運転して立ち去ったのです!!
そんな母親が2人。そしてカーシートを装備せずに幼稚園児くらいの子どもを乗せている人も数人。

確か日本も乳幼児のカーシート使用が義務になっているはず。
いや、それ以前に常識で考えたら、大事なわが子をおんぶしたままやカーシートなしで車に乗せるなど恐ろしくてできるわけがない。(私だけ?)

親戚の叔母は自分の孫娘を抱っこしたまま、助手席に乗って行ってしまうし…。(注意したら、大丈夫!いつもやってて慣れてるから!と悪びれる様子もなく、唖然としてしまいました。)

きっといちいちカーシートに座らせるのが面倒なんだと思います。そして自分が事故に遭うわけがないと思っているんでしょう。

これらの光景には鳥肌が立ち、怒りさえ感じました。
なにかあってからじゃ遅いのに…
これってうるさいお節介おばさんの発言に聞こえますか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ちょっぺちゃん、お久し振り~!
なかなか連絡できなくてごめんね。私も里帰りしてきて、やっと以前の生活のペースがつかめた感じかな。
で、私も見たよ、日本で。「日本でのチャイルドシート使用率50パーセント」って誰かに聞いた気がするけど、私が見た限りでは20パーセントくらいなんじゃ?幼稚園児くらいになると、車の後部座席じゃなくてフロントに突っ立ったままとか。挙句の果てには私の父親まで「後ろの席で抱っこしてたらバレないだろ」。これには言葉を失ったよ。本当に何かあってからじゃ遅いのにね。理由があるから法律になってるのに。大切な命を守るものなのに。どうして「きっと大丈夫」って思えるんだろう。私は怒り以上の何とも言えない感情にとらわれたよ。

はぁ、ちょっと熱く語っちゃったけど、また近いうちに会いたいね!さらにキュートになった姫にも会いたいしv-238

事故に遭うまで、、、

きっと事故にあってみないとわからない人たちですよね~。チャイルドシート不使用者は私も日本にいたときよくみかけました。
想像力の欠如かな???もしも、、、って頭の中で考えないんですよね、そういう人たち。

事故にあって、無残な死に方、もしくは怪我をするのは一番体重の軽い子供たちなのにね、、、。

こればかりは、個人のモラルにまかされちゃうから、そんな親の元に生まれて来た子供は、可哀想ですよね。

反省します

実はあたいも抱っこ紐のまま運転席の後ろに座った事が2度もあります
抱っこ紐で出掛けていたので仕事帰りに主人に拾ってもらうのにベビーシートなくて乗りました
最初は『これで充分、母と一緒に仲良くシートベルトしとうし』と思ってたがちょっとしたカーブでも
子供の首がグーラグラ 支えるのが大変で少し恐かった(て2度も乗ってますが。。。)

それでも最近は子供が苦しがるのでベルトは習った指一本ってのを守らず緩め
親としての自覚が足りないですね 反省しなきゃ 起こってからじゃ事故は遅いのに

ちょうど実家の母と電話をしててこの話をしたとこだったんですー!!
日本では車の中をうろうろ歩いてる子供をよく見るよねー、、、とか話をしていて、こっちでは考えられないっ、と少し落胆しました。

基本的に子供はカーシートには乗りたくないだろうけど、もしものことを考えたら乗せるのが親の義務だなーと思いなおしたところです。

次回日本に帰った時用に、うちの実家の母がカーシートを買っておくと言ってくれました。
(中古ですけどね)
そして、日本のカーシートの基準なんかもちゃんと勉強しないとなーって思いました。

う~ん、日本に帰った時、これに直面して困りました。結構、多いんですよねぇ。何回か近くまでだからと、スリングのまま、友達に乗せてもらったりしてしまいました。でも、やっぱりドキドキしちゃいます。ちょっと、ちょっぺさんの日記を読んで反省★

それよりも、私は、飛行機の中での赤ちゃんの状態の方がもっとドキドキでした。離陸も着陸も親が抱っこしているだけだなんて、心もとなさ過ぎる~!!と思ったのは私だけ!? ついつい、抱っこする手に力が入ってしまう! バシネットの安全装置も親が眠る時だけの義務装着...。やはり、安全は自分で気をつけなくちゃいけないのかしら。

大反響!

にゃーちゃん
日本て、危険に対する意識が低いよね。命に関わることくらいはもっとしっかり意識してほしいわ~。
また近いうちに遊びにきてね。予定を立てましょう。

バランシーンさん
チャイルド・シートを装着していたって100%安全とは言い切れないから、装着していないのは論外ですよね。心配したら切りがないけど、危険防止、安全対策はやりすぎってことはないと思います。

にゃろちゃん
2回とも何事もなくて良かったね。ちゃんとカーシートを使おうね~。子どもの命も守るんだ!って考えたら面倒とか「まあ、いっか!」なんて言ってられないものね。

Satokoちゃん
子どもって予想外の動きをしたりするでしょ?ライちゃんなんかはもうかなり動き回ると思うから、嫌がっても乗せなきゃね!みんなが親の義務として意識するようになるといいな~。

Joieちゃん
私はどうしても怖くてできない…。自分が小さくて、子どもを抱っこするだけでも不安定だし。私もカーシート必要かも?!(笑)
そうそう、飛行機は子どもの安全を考えてない!って思ったよ。バシネットのベルトなんてただの紐だもんね。

すいません。。。

実は私も1回やりました。
それは、メトロに行ったときのこと 突然スカトレストップ!!!
義父がたまたまその辺にいたので カーシートが無かったんですが乗ってしまいました。
(抱っこ紐の上からシートベルト)
ごめんなさい・・・。<m(__)m>

おんぶしたままっていうのはスゴいですね~。
確かにカーシートのベルトを外したり付けたりは本当に大変だと実感してます。
私も何件か買い物をしなくちゃいけない時は、バックを斜めがけにして
抱っこ紐を身体に装着したまま運転しちゃいます。
いちいち全部を付けたり外したりする手間を省くためですが
それでもいつも運転している位置とズレるので運転しづらいですから
おんぶした状態で運転するのは、かなり無謀な気がします。
きっといつもやっているから大丈夫っていう自信があるんでしょうね。
事故してからでは遅いのに・・・って私も思います。




追伸

抱っこ紐は装着したままですが、子供はちゃんとカーシートに入れてます。
読み返して、あれっこれだと抱っこしたままって感じにとられちゃうかなって思い追伸しました。


いやぁ~ん

かぽちゃん
あらら、やっちゃった!
はなチンもかぽちゃんも無事で良かったわぁ。

ちぃぼぅさん
最初の書き込み読んで「ええぇ~~~~~!!」って思ったけど、追伸を読んでホットしました。そうですよね、可愛い息子を痛い目には合わせたくないですものね!

ねぇ、私も、抱っこしたまま運転席に乗っていってしまった母親なんかもみました。後ろにカーシートがあっても。「泣かすよりは...」と思っているのでしょうけど、そんなので、ちょっとした事故でも、ハンドルと自分の間に挟まって死んでしまうのに。「もしも」の時には、自分は助かって、よっぽど後悔するのだろう...
私達が帰国の時は、電車移動でも、他で車に乗るのがわかっていたら、カーシートを持っていきました。日本じゃ「おかしな」光景みたいだったけど、子どもの命がかかっていると思えば、そんなことはどうでもよくなってしまった。(重たいのだけど)ま、夫がいたからそういう移動ができたわけですけど、いなければ、行動範囲が決まってくるわけで。
日本では、カーシートがあまり重要だとは思われていないから、仕方がないのかなぁ、とも思いながらですけど...(自分も子どもの時は後部座席で動き回ってましたからね...夫曰く、「それは、自分の親が子どもの時のはなしだね、」と)

どうして…

どうして危険に対する危機感が少ない人が多いんだろうね?それも自分の子どものためなのに...。
ときどき私が心配性なだけ?って思ったりもするけど、どう考えてもカーシートなしで子どもを車に乗せる気にはならない。M$ちゃんのは「おかしな光景」、ではなく「当たり前の光景」だよぉ!
大人の都合で犠牲になる子どもが少しでも減るといいな。

私もこれは日本に行ったとき疑問に感じました。
出発前にカーシートをレンタルしようと友達や親に聞いて回ったものの、皆揃って「いらないんじゃない?」っていうのには啞然。おんぶして運転って考えられないですよね!なんかこれに関しては1人で憤りを感じてましたが(in 日本)、やっぱりそうですよね~。



プロフィール

ちょっぺさん

Author:ちょっぺさん
頑張って、頑張って、麻酔なしで自然分娩で出産。
(5月12日 2007年)
高齢・初出産を終え、育児に奮闘する管理人。

これからなにが待ち受けているのやら。
カナダ在住の主婦(名ばかり)が妊娠、出産、育児そして日々の出来事を気ままに書いていきます。

フリーエリア
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。