スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大冒険の巻

前からいつかトライしてみようと思っていたことがあった。
それは姫とバスに乗って買い物に行くこと。
私にとってこれは大冒険だ!
前回の日記では抱っこ紐(キャリアー)を使って、姫とバスに乗る練習をしただけだった。
今回はもっとすごいトライアルだった。


まずは「ストローラーごと」バスに乗ること。
これはみんな普通にやってることだから、すごいことではないのかもしれない。


が!
家の前を走っているバスは小型で20人+車椅子1台しか乗れないタイプ。
車椅子は後ろのドアからリフトを操作してもらって乗り降りしなければならない。
つまり乗り降りにドライバーの手を煩わすことになる。
そして他の乗客を待たせることになる。

CIMG2412.jpgCIMG2414.jpg





小心者の私は試すのがちょっと怖かった。
ドライバーに面倒くさそうにされたらどうしよう?
乗客に迷惑そうにされたらどうしよう?
と、ありもしない心配ばっかりしていた。

しかし、今日は思い切って試すことに!


ただ、どうしても気になっていたことがひとつ。
家の前のバス停は坂の途中にあって、それもかなりきつい傾斜。
危険回避のため、次のバス停(平らなところ)まで歩いて行った。
これで準備万端!!!


バスを待つ間、私はかなりドキドキしていた。
ほんとに乗せてもらえるのか?
嫌な顔されたらどうしよう!
バスの揺れと騒音で姫が泣いたり、ぐずったりやしないか?
もう、不安の塊になっていた。

そんな私の心配をよそに、姫は居合わせたチャイニーズのおばちゃんにニコニコと愛想を振りまいて余裕ある様子。


いよいよバスが来たぁ~!
ドキドキ。


すでに座席前方に1台ストローラーを乗せている人がいた。
ドライバーはすぐに後ろのリフトを使って私たちをストローラーごと乗せてくれた。乗客も迷惑そうにしている人はいなかった。
やったぁ~!乗れた、乗れた!

しばらく行くと、小さな子どもを連れたカップルがストローラーをたたんで乗り込んできた。私たちを含めて3台もストローラーが乗ったわけだ。
ここで、私だけではないことにホッとした。


姫はかなりの揺れと騒音(リフトがガタガタとかなり大きな音を出す)にもかかわらず、ドライブをたのしんでいるようだった。指なんかしゃぶって、ここでもまた余裕。

CIMG2411.jpg


そして降りる頃にはまた寝入ってしまったのだ。zzzzzz


降りるときももちろんまたドライバーがリフトを操作してくれた。
そのとき...

ドライバー:「僕にも1歳になる子がいるんだ。そして10月にまた子どもが生まれるんだけど、予定外にできちゃったんだよぉ~。」

私:「あら、じゃあまた忙しくなりますねぇ。でも楽しみですね!」
  「娘があなたの運転楽しんで、寝ちゃいましたよ。」

と、子を持つ親同士の会話のできるとっても気さくないい人だった。
丁寧にお礼を言ってドライバーと別れ、ルンルン気分で買いものへ。



帰りのドライバーは私が降りると言ったの気づかず行こうとしたけど、乗客がドライバーに言ってくれて事なきを得た。親切にリフトを操作してくれた。
ここでもキチンとお礼を言って、足取りも軽く、またバス停1つ分歩いて帰宅。


やったぁ~、姫と母ちゃんのアドベンチャー・トリップは大成功。
こんな些細なことも、子どもと一緒だと一大事になってしまうんだという出来事だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自分でおしゃぶりができる子は良く寝るとってもいい子なんだよねー!
うらやましい!

すっかり車生活でバス使ってません。
環境のためにも、電車バス使うのはいいことだよねー

大冒険ですね!
あの小さなバスに乗るなんて、夢のまた夢だわ!
ウチの近くのバス路線も、あの小型バスが走っていて、とっても便利なんですが、ストローラーで乗り込めるなんて、今まで知りませんでした。

私にはまだ考えられません!!ストローラー押して道を歩くだけでドキドキしてるんですもんね、、、。

これから乗り越えるべき壁がたくさん立ちはだかっているんだわ、、と思うと、またまたドキドキしちゃいます。

とりあえず、バス乗車成功、おめでとうございました!

これでひとつハードルを飛び越えましたね!
ちょっぺさんのバスに乗る前のドキドキ感、すっごいわかります!!

最初で最後かも!?

ななこさん

今回は夫が車を使って出張に出てしまった為、選択の余地なしだったから乗ったようなもの。次はあるかどうかわからないの。でもいい経験だったよ。


バランシーンさん

車椅子が乗れるバスにはストローラーも乗せてくれるそうです。
Trans Linkに℡で問い合わせ、ドライバーにも直接聞いて2重の確認しましたよ!
だって、頑張って準備して行って断わられたら落ち込むと思ったから。
もう、ほんとにドッキドキでしたよ~。


Mizちゃん

私にとってかなり高いハードルだったよ。
でもなんとか乗り越えた後は、もう嬉しくって、ルンルンだったよ。
次は何にチャレンジしようかな?


プロフィール

ちょっぺさん

Author:ちょっぺさん
頑張って、頑張って、麻酔なしで自然分娩で出産。
(5月12日 2007年)
高齢・初出産を終え、育児に奮闘する管理人。

これからなにが待ち受けているのやら。
カナダ在住の主婦(名ばかり)が妊娠、出産、育児そして日々の出来事を気ままに書いていきます。

フリーエリア
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。